【Java】変数の宣言及び値のセットについてまとめました(基本のデータ型、配列)

変数を利用するには最初に変数の宣言を行う必要があります。

ただし、変数を宣言するといっても、様々な種類が当然ありますので、「どういう風に使用すればい良いのか?」忘れることもあると思います。

ここでは、Java のプログラミングで変数を宣言および値をセット(初期化)する方法についてまとめました。

管理人
度忘れした場合の思い出す用にも作成しました(備忘録)

ここでは Java のプログラミングで変数を宣言する方法及び値のセットについて解説します

この記事で分かること

  • 代表的なデータ型の変数宣言、使用方法が学べます。
    👉byte,short,int,long,float,double,char,boolean,String
  • 配列の変数宣言、使用方法が学べます。

 

代表的な9つのデータ型の変数宣言の仕方(byte,short,int,long,float,double,char,boolean,String)

まず、データ型には、代表的な9つの型があります(byte,short,int,long,float,double,char,boolean,String

変数を宣言する場合の書式は「データ型 変数名;」となります。

データ型 変数名;

 

代表的な9つのデータ型の変数宣言等サンプル

使い慣れていない、変数の値のセットなどの方法など(初期化)を忘れてしまったりもします。
そこでそれぞれの変数の宣言および値のセットついて簡単にサンプルを作成しました。

 
代表的な9つのデータ型の変数の宣言(byte,short,int,long,float,double,char,boolean)

//整数のデータ型
// byte型
byte by = 0;
// int型
int i = 0;
// short型
short s = 0;
// short型
long l = 0;

//少数のデータ型
//float型
float f = 1.0f;
// double型
double d = 1.0;

//真偽値のデータ型
// boolean型


//文字のデータ型
// char型
char c = 'a';

//文字のデータ型
// String型
String str = "";
String str2 = "Hello";

 

代表的な9つのデータ型サンプルプログラム

変数宣言及び値がセット(※初期値の設定)するサンプルプログラムとして、次のようになります。

public class Main {

    public static void main(String[] args) {
        //整数のデータ型
        // byte型
        byte by = 0;
        // int型
        int i = 0;
        // short型
        short s = 0;
        // long型
        long l = 0;

        //少数のデータ型
        //float型
        float f = 1.0f;
        // double型
        double d = 1.0;

        //真偽値のデータ型
        // boolean型
        boolean bo = false;

        //文字のデータ型
        // char型
        char c = 'a';

        //文字のデータ型
        // String型
        String str = "";
        String str2 = "Hello";


        System.out.println("変数by は " + by + " です");
        System.out.println("変数i は " + i + " です");
        System.out.println("変数s は " + s + " です");
        System.out.println("変数l は " + l + " です");
        System.out.println("変数f は " + f + " です");
        System.out.println("変数d は " + d + " です");
        System.out.println("変数bo は " + bo + " です");
        System.out.println("変数c は " + c + " です");
        System.out.println("変数str は " + str + " です");
        System.out.println("変数str は " + str2 + " です");
    }
}

実行結果

変数by は 0 です
変数i は 0 です
変数s は 0 です
変数l は 0 です
変数f は 1.0 です
変数d は 1.0 です
変数bo は false です
変数c は a です
変数str は です
変数str は Hello です

上記の実行結果から、変数の宣言及び値の入力が正常にできたことを確認できました。

代表的な9つのデータ型に設定できる値やデフォルト値の表

データ型として設定できる値については、次の表にまとめました。
なお、デフォルト値とは「ユーザーが何も操作や設定を行っていない場合に使用される、あらかじめ組み込まれた初期設定」のことです。

データとしてセットできる値かどうか確認したいときにご活用ください。

種類 デフォルト値
整数 int
byte
short
long

int:32ビットの2進数データ(-2147483648から2147483647までの整数値)
byte:8ビットの2進数データ(-32768から32767までの整数値)
short:16ビットの2進数データ(-32768から32767までの整数値)
long:64ビットの2進数データ(-9223372036854775808から9223372036854775807までの整数値)

0
浮動小数点数 float
double

float:32ビットの単精度浮動小数点数(有効桁数約6から7桁)
double:64ビットの倍精度浮動小数点数(有効桁数は15桁)

0.0
文字 char 16ビットのUNICODE文字1文字を格納 \u0000
真偽値 boolean trueまたはfalse false
参照型 String など 参照先の値 null

代表的な9つのデータ型※適切に変数の宣言ができていない場合はエラーとなります。

なお、適切に変数の値をセットできていない場合は、次のようなエラーメッセージが出力されます。
そのため、データ型に入る値や、セットするためのルール※例えば、String型は””(ダブルクォーテーション)をつけるなどのルールを覚える必要があります。

適切に値をセットできない例

int i = 0.1;
➡型の不一致: double から int には変換できません
int i = 2147483648;
➡型 int のリテラル 2147483648 は範囲外です
float f = 1.0;
➡型の不一致: double から float には変換できません
boolean bo = fals;
➡fals を変数に解決できません
String str = ;
➡トークン “=” に構文エラーがあります。このトークンの後には Expression を指定する必要があります
String str = ‘Hello’;
➡型の不一致: char から String には変換できません
String str2 = Hello;
➡Helloを変数に解決できません

 

配列の変数宣言と配列の作成について

Java で配列を利用するには、次の手順が必要になります。
①最初に扱うデータ型を指定して配列を宣言
②宣言のあとで必要な数の要素数を指定して配列を作成

それでは、具体的には手順について解説します。

配列の変数宣言及び作成

最初に扱うデータ型を指定して配列を宣言

ータ型[ ] 配列変数名;
    または
ータ型 配列変数名[ ] ;

 

上記の2つ宣言することができます。上記のどちらでも宣言することができますが、学習の際多く見かけたのが「データ型[ ] 配列変数名;」で宣言されておりました

宣言のあとで必要な数の要素数を指定して配列を作成

配列では一つ一つの値を保管する場所のことを要素と呼びます。配列で 5 つの値を格納するのであれば要素が 5 つ必要となります。

 配列変数名 =  new データ型[要素数]

 

①最初に扱うデータ型を指定して配列を宣言および②宣言のあとで必要な数の要素数を指定して配列を作成はまとめて行うこともできます。

データ型[ ]  配列変数名 =  new データ型[要素数]

 

配列の変数宣言、値の設定サンプル

配列の変数宣言及び作成、値のセットのサンプルとしては以下のように作成できます。

配列の変数宣言及び作成、値のセットのサンプル

サンプル例1

//String型配列
String[] Str配列 = new String[3];
//int型配列
int[] int配列 = new int[3];
//boolean型配列
boolean[] Bo配列 = new boolean[3];
Str配列[0] = "太郎";
Str配列[1] = "次郎";
Str配列[2] = "三郎";
int配列[0] = 30;
int配列[1] = 20;
int配列[2] = 10;
Bo配列[0] = true;
Bo配列[1] = false;
Bo配列[2] = true;
サンプル例2
あらかじめ入力する値が決まっている場合は次の作成でも作成できます
//String型配列
 String[] Str配列2 = {"太郎","次郎","三郎"};
//int型配列
int[] int配列2 = {30,20,10};
//boolean型配列
boolean[] Bo配列2 = {true,false,true};

 

配列の変数宣言、値の設定サンプルプログラム

public class Hairetu {

    public static void main(String[] args) {
        //配列を作成して値を入力するパターン
         String[] Str配列 = new String[3];
         int[] int配列 = new int[3];
         boolean[] Bo配列 = new boolean[3];
         Str配列[0] = "太郎";
         Str配列[1] = "次郎";
         Str配列[2] = "三郎";

         int配列[0] = 30;
         int配列[1] = 20;
         int配列[2] = 10;

         Bo配列[0] = true;
         Bo配列[1] = false;
         Bo配列[2] = true;


         //配列を作成と同時に値を入力するパターン
         String[] Str配列2 = {"太郎","次郎","三郎"};
         int[] int配列2 = {30,20,10};
         boolean[] Bo配列2 = {true,false,true};

         System.out.println("配列を作成して値を入力するパターン");
         for (int i=0; i < 3; i++){
             System.out.println(Str配列[i] +"は"+ int配列[i] + "歳");
             System.out.println(Bo配列[i]);
         }
         System.out.println("配列を作成と同時に値を入力するパターン");
         for (int i=0; i < 3; i++){
             System.out.println(Str配列2[i] +"は"+ int配列2[i] + "歳");
             System.out.println(Bo配列2[i]);
         }
    }
}

実行結果

配列を作成して値を入力するパターン
太郎は30歳
true
次郎は20歳
false
三郎は10歳
true
配列を作成と同時に値を入力するパターン
太郎は30歳
true
次郎は20歳
false
三郎は10歳
true
 

上記の結果から、配列の作成と値の設定が正常に行われていることを確認できました

配列型※適切に変数の宣言ができていない場合はエラーとなります。

なお、適切に変数の値をセットできていない場合は、次のようなエラーメッセージが出力されます。
これについては、基本的なデータ型と同様にString型はダブルクォーテーションをつけるといった上記で説明したパターンと同様になります。

適切に値をセットできない例

int配列[2] = 10.0;
➡型の不一致: double から int には変換できません
Str配列[0] = ”;
➡文字定数が無効です
 String[] Str配列2 = new String[“太郎”,”次郎”,”三郎”];
➡コンストラクター String(String, String, String) は未定義です
int[] int配列 = new int[];
➡変数はディメンション式または配列イニシャライザーのどちらかを提供しなければなりません

 

管理人
以下、関連ページになります

プログラミング 

プログラミング

Javaのboolean型の活用について【具体的な活用方法も併せて紹介】

Javaのboolean型の活用について【具体的な活用方法も併せて紹介】

【Java】Mapの使い方 (put、get、size、isEmpty、clearなど)

【Java】Mapの使い方 (put、get、size、isEmpty、clearなど)

【Java】Listの使い方(put、get、size、isEmpty、removeなど)

【Java】Listの使い方(put、get、size、isEmpty、removeなど)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP