危険物取扱者乙種4類(乙4)を取得でできることについて

 

 年間受験者数が20万人以上の人気資格である危険物取扱者乙種4類、略して乙4

人気の資格で、資格の需要も高くて、国家資格で、就職や転職にも有利❕

ところで、危険物乙4を取得すれば何が出来るようになるのかというのは危険物取扱者の学習をすると理解できますが、資格取得前にどのようなことが出来るようになるのか知っていれば、勉強を始めた方が高いモチベーションで学習することができます。また、学習を始めてから資格取得は要らなかったというミスマッチを防ぐこともできます。

管理人
この記事では、危険物取扱者乙種4類(乙4)を取得でできることについて」徹底解説します。

危険物取扱者乙種4類(乙4)を取得でできること

できること① 仕事の幅が広がる

管理人
できること①仕事の幅が広がるよ!

乙4取得でできる仕事でぱっと思いつくのは「ガソリンスタンドの作業員」でないでしょうか?

ガソリンスタンドで乙4を持っていると時給がアップし、仕事内容もより責任感のある仕事を行うことができます。

 

バイトで月1万円の資格手当はかなり大きいですね

 

また、資格取得で時給UP、セルフサービスのガソリンスタンドでは常時資格保有者の監視が必要になるため、フルサービスのガソリンスタンドより乙4の保有を重要視されているようです

また、ドライバーとして働く場合は、(危険物をタンクローリー(移動タンク貯蔵所)で移送する等、危険物取扱者が乗車する必要があります。

これについては、大型免許もセットで求められそうです。

発電所の保守員として電力会社で働くことができる可能性も上がります。求人等の歓迎条件として・「電気主任技術者 ・ボイラー・タービン主任技術者 ・エネルギー管理士 ・公害防止管理者(大気,水質) ・ボイラー技士 ・危険物取扱者 ・高圧ガス製造保安責任者 ・普通自動車第一種免許保有者」などがありました。

これについても、ほかの資格もある程度持っていることが前提になりそうです(;’∀’)

 

消防士として働く場合、危険物に関する知識は必須です。火災の消火に当たっては、危険物の性質や燃焼・消火の理論など、危険物取扱者の受験科目と密接にかかわってきます。

管理人
受験前に取得すると採用試験で有利になる場合もあるようです。

できること② 給料がUPする

管理人
できること②職場によるけど、給料があがるよ!

 

管理人
資格手当で給料UPは素直に嬉しいですよね

 危険物取扱者の資格取得することで資格手当を出してくれる会社もあるようです。会社としては、危険物取扱者の設置義務があるので、有資格者を増やしたい。従業員は、給料UPやキャリアアップのために資格を取得するので互いにメリットを享受できます。

危険物乙4は取得メリットが多い資格でオススメ

危険物乙4は、求人件数が多く資格取得することで、就職・転職の幅が広がり、給料UPにも繋がり、国家資格を取得することができます。

 求人件数については、「危険物取扱者」で検索すると求人検索エンジンのIndeedで検索したところ、4000件ヒットしました。

他の資格と比較するとその凄さが分かりますが、例えば、行政書士で、求人検索エンジンのIndeedで検索すると200件弱だったりします。資格の需要に20倍もの差がある訳です。

 

 ただし、知っておきたい重要なポイントもあります。、「求人件数が多く資格取得することで、就職・転職の幅が広がり、給料UPにも繋がる」は危険物乙4のみであり、他の危険物乙種については、需要は高くありません。

危険物取扱者の需要の9割は乙4いう話もあり、他の危険物乙種の取得はそこまでメリットは無いようです。

だからこそ、5人に4人は乙4の受験生なのでしょう❕

※令和2年度では危険物取扱者乙種で全体の受験者が250,889(人)に対して、乙4は200,876(人)

管理人
危険物取扱者の資格は仕事で使用する予定がなければ、乙4のみで十分です。危険物取扱者を取得するなら乙4を取りましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP